読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豚に真珠

サンバのリズムに乗せられて、いつの間にかそのオレンジ色に魅了される。それが清水エスパルスというチームなんだ

エスパルスの優勝条件を振り返ろう

さぁ皆さん!!

 

遂にこの日がやってきました!!

 

この日っていうか、来る11月20日が、今シーズンのJ2のレギュラーシーズン最終節です。何もかもがこの日に決まります。この日を前に、我らがエスパルスは2位と高順位についています。降格を除くすべての可能性がありふれている希望に満ちた順位です。

 

では上位3チームの成績を見てみましょう。

 

      勝ち点 得失点差

  1. 札幌  84   +32
  2. 清水  81   +47
  3. 松本  81   +29

首位の札幌とは勝ち点3差です。札幌が負け、エスパルスが勝てば追いつきます。得失点差では圧倒的優位なので、お互いが仲良く勝ち点84に並べばエスパルスが上に立ちます。優勝するにはエスパルスが勝つことと札幌が負けることが絶対条件です。というかそれしかありません。

その札幌ですが、最終節は金沢と当たります。絶賛残留争い中の金沢と札幌ドームで最終戦を行うのですが、さて、その札幌は直近5試合は2勝3敗です。崩れつつある中で最後は金沢です。金沢も残留争い真っ只中なので一筋縄ではいかぬ...はずです。信じましょう。

札幌の最終節情報ですが、主力の福森とジュリーニョが出場停止です。特にこの2人はセットプレーのキッカーですので、得点の半数近くをセットプレーで占める札幌にとっては痛手です。これはひょっとしたらひょっとしたらです。でも、金沢も金沢で札幌のゴールに決められるかというとわかりません。祈りましょう。

 

一方で、エスパルスにとって最悪のシチュエーションは、3位の松本に最後の最後に抜かれてプレーオフ回りすることです。

得失点差がかなり空いているので、エスパルスが勝てば99.999999%自動昇格が決まります。その代わり、引き分けor負けの場合は、松本の結果に左右されます。

 

そんな松本の最終節の相手は横浜FCです。前回対戦となった2節の試合は2-0で松本が勝ってます。松本は前節町田に負けるということがありましたが、今回はアルウィンなので、横浜FCにとって奇跡的なことが起きるかと言ったら分かりません。あるとしたら、横浜FCは松本と似たようなタイプの札幌に勝っているということぐらいで、「奇跡よ、再び!!」なんて思いは通じるかどうかわかりません。

 

しかし!!

何がともあれ、最終戦でエスパルスが勝てばいいわけです。まずはJ1復帰です。自動昇格の切符をゲットです。POは嫌です。ここまできて、セレッソとか、京都とか岡山とまたやるなんて嫌です。勝ち点80取って昇格できないなんて理不尽極まりないことです。

 

僕の中では、今季のJ2で昇格に値するチームは札幌、清水、松本の現トップ3しかないと思うので、自動で上がるかPOで迂回するかのどちらかになる運命の決戦になります。

とにかく、徳島に勝ちましょう。とにかく自動昇格の切符はゲットしましょう。そしてあわよくば、J2のシャーレを手土産に持って帰れば最高です。J1に帰りましょう!!ニヒヒヒヒ。