読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豚に真珠

サンバのリズムに乗せられて、いつの間にかそのオレンジ色に魅了される。それが清水エスパルスというチームなんだ

ゲームメイクと組み立ての種類/本田拓也と竹内涼の違い

今のエスパルスには、パサーと言われる選手は結構います。

 

ただ、それぞれ特徴は違います。個人の組み立て方だったり、パスの受け方出し方も十人十色です。ストライカーが、高さが武器なタイプもいればスピードが武器のタイプがいるのと同じです。

今回は、本田拓也竹内涼という、組み立て方がまっっっったく違う2人を見ていきます。

 

本田拓也の組み立て

J2開幕戦となった愛媛FC戦から

f:id:butani-sinju:20160228164935p:plain

本拓のカットから、ボールを回収

f:id:butani-sinju:20160228165147p:plain

白崎凌平から三浦弦太へ。本田の目線は前線。

f:id:butani-sinju:20160228165256p:plain

ここで1度パスを要求。だがフィードを相手にクリアされ、再び弦太の下に。

f:id:butani-sinju:20160228165336p:plain

弦太から西部洋平へ。本田の目線は逆サイド。

f:id:butani-sinju:20160228165529p:plain

西部から犬飼智也へ。再び右サイドを見る。

f:id:butani-sinju:20160228165629p:plain

犬飼からパスを受け、六平光成へ。

f:id:butani-sinju:20160228170153p:plain

六平から白崎へ。本田は右サイドを見る。

f:id:butani-sinju:20160228170237p:plain

白崎からパスを受ける。また右サイドを見る

f:id:butani-sinju:20160228170346p:plain

トラップと同時にルックアップ。狙いは右サイドの前方

f:id:butani-sinju:20160228170453p:plain

鎌田翔真が裏に抜けるが惜しくも合わず。

 

本田拓也の特徴

この1連の30秒くらいの間に、本拓は11回も首を振って前線を確認している。常に縦を狙っている。だからルックアップのタイミングからフィードまでの時間が短い。ボールを受ける前から組立の画を描いている。

 

 

竹内涼の組み立て

ニューイヤーカップ北九州戦から

f:id:butani-sinju:20160228182312p:plain

竹内がボールを持つ

f:id:butani-sinju:20160228182349p:plain

サイドにボールを入れる

f:id:butani-sinju:20160228182427p:plain

リターンが来る。ここでルックアップ

f:id:butani-sinju:20160228182531p:plain

もう1度サイドへ。出した際にバックステップを踏む。

f:id:butani-sinju:20160228182621p:plain

またリターンを受ける。そしてまたこのタイミングでルックアップ。

f:id:butani-sinju:20160228182906p:plain

最終ラインに下げる。

f:id:butani-sinju:20160228182944p:plain

最終ラインに入る。

f:id:butani-sinju:20160228183024p:plain

パスを受ける。

f:id:butani-sinju:20160228183100p:plain

トラップしてルックアップ。

f:id:butani-sinju:20160228183137p:plain

裏に抜ける白崎へ。

 

竹内涼の特徴

簡単に言うと、ショートパスを繰り返しながらリズムを引き寄せる感じ。自分で流れを作り、その中で来るべきタイミングで縦パスを入れる。以前チームのビルドアップについての記事を書きました。

www.plus-blog.sportsnavi.com

ここでも、竹内はショートパスを繰り返してリズムを作っています。本拓との違いはここです。

 

本田拓也竹内涼の違い

本拓は常に縦を狙っています。いつでも首を振って前線を確認している。だからファーストタッチも前を向けるようになってます。対して竹内は、時々ダイレクトでキラーパスを1発で入れることはありますが、基本的にボールタッチを増やしながらリズムを作るタイプです。竹内が流れを1から作る組み立てで、5メートルの視野を持つタイプなら、本拓は流れとかそういうのが一切関係なく、2,30メートルの視野を持ち、1つのフィードで局面を打開できます。これを「飛び道具」と言うんですね。パサーというジャンルは一緒でも、プレースタイルはまるで違うんです。

 

 

 

さて、このブログも開設してから1年です。時の流れは早いものです。ここまでの記事を振り返ってみると、ほとんどが攻撃ばっか。あとパサーが7割。これ、完全に趣味です。ただ結構偏りがあるなぁって思いました。

 

1年経ったので、何か新しいことを始めたいなって思っているんですけど、何始めようかは考え中です。決まり次第即始めます。

次回は、今までが攻撃ばっかなので守備に目を向けます。ってことで

中澤佑二@ディレイ ~センターバックの1on1 前編~』

本田拓也@スライディング ~タイミングの合わせ方~』

のどちらかをやります。