読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豚に真珠

サンバのリズムに乗せられて、いつの間にかそのオレンジ色に魅了される。それが清水エスパルスというチームなんだ

2015×Jリーグ×清水エスパルス

新たなシーズン。新たなエスパルス

激動のシーズンを終え、新たなるシーズンがスタートした。

社長の交代。主力の退団。そして新戦力の加入。

本当にスタートしたんだ。

なんだか昨シーズンが懐かしいような、昨日のように感じるような、そんな気分のさなかで。

 

冷静に今季のチーム編成を見ると、昨シーズンと比べ戦力ダウンしたとみられてもおかしくはない。

高木俊幸吉田豊。そして、ノヴァコヴィッチ。この3人の退団による戦力ダウンは大きい。

 

そして新たな新加入選手。

澤田崇。鎌田翔真。

J1での実績が乏しい彼らがどれだけやれるのだろうか。

いや。実績がないからこそ、データのない彼らが暴れる舞台が整ったといっても過言ではない。

 

さらにレンタルバック組。

枝村匠馬犬飼智也。白崎凌平。内田健太村松大輔八反田康平。少なくとも彼らは、主力として計算ができなければならない。

 

本格的に優勝争いをするなら、まだまだ不安の残るメンバーだろう。事実、このチームの課題は1年でクリアできるほど少なくない。

 

櫛引政敏は真の正ゴールキーパーになれるのか。選手層の薄いSBは誰がこなすことができるのだろうか。人材過多の中盤は誰がファーストチョイスになるのか。河井陽介はどこで起用されるのが1番なのか。大前元紀のポジションは右サイドでいいのか。チーム全体の守備バランスは大丈夫なのか。長沢駿ノヴァコヴィッチに代わりエースストライカーになりえるのか。

言い出せばきりがない。

 

でも今季は、新たなエスパルスがスタートする元年である。

左伴新社長になり補強費が増すことになった。

そして新外国人の加入が間近である。

 

チグハグなスタートとなったが、シーズンが始まれば期待せずにはいられない。

 

優勝を目指せ、とは言わない。納得できるシーズンであってほしい。それがプレーオフ出場であろうが、ACLであろうが。

 

そんなエスパルスを僕は静かに見守っていこうと思う。

 

次回は個人技編第1弾。「遠藤保仁。その男、偉大なり」という記事を書きたいと思います。