豚に真珠

サンバのリズムに乗せられて、いつの間にかそのオレンジ色に魅了される。それが清水エスパルスというチームなんだ

サガン鳥栖のジュビロ対策とフベロのプレーモデル/ダービーに向けて@我々が清水エスパルスである限り

サガン鳥栖のプレッシング

4-4-2同士のぶつかり合いとなった1戦は、プレスの応酬で幕を開けた。まず仕掛けたのはサガン鳥栖

f:id:butani-sinju:20191027213511j:plain

鳥栖2トップはそれぞれCBへ。サイドハーフは、対面するSBとジュビロサイドハーフの2人を見る。

数的同数でのプレスを仕掛けることで、ジュビロのビルドアップにアクシデントを起こす。これに対するジュビロのビルドアップは、

f:id:butani-sinju:20191027215148j:plain

今野が最終ラインに加わり3バックに。松本と山本がハーフスペースに入り出口を作る。対する鳥栖のプレッシングの変化は

f:id:butani-sinju:20191027221141j:plain

2トップはそれぞれ大井と藤田に。鳥栖サイドハーフ福田とクエンカはSBとハーフスペースをチェックする。

 

 

■フベロのプレーモデル

夏にジュビロの新監督となったフェルナンド・フベロは、名波体制とは打って変わり選手の大幅な入れ替えに戦術の整備を大胆に行った。

 

まずは選手。それまで主力だったカミンスキーに田口、高橋や大久保が外れ、新加入のルキアンや今野、ベテランの八田に藤田が先発に復帰している。

 

 

また戦術面では、前述の通りビルドアップに出口を作り、前線へ運ぶルートを確立する。

前画像の続き

f:id:butani-sinju:20191027233702j:plain

ビルドアップに対するプレスで相手ボランチが動くことで、裏のスペースに藤川が降りてくる。

f:id:butani-sinju:20191027234035j:plain

藤川に付いていった相手DFが空けたスペースにルキアンが飛び出していき、裏に空くスペースを付いていく。これの連続。

 

フベロスタイルは、「スペースを空ける→スペースを突く」の繰り返しで、山本や松本、藤川が落ちていく代わりにSBやボランチなど後方の選手が飛び出していく。

 

 

 

ジュビロとフベロの誤算

この試合においてジュビロの誤算となったのは右サイド。右SBが本職CBの大南に右CBが組立力に難ありの大井。結果的に右サイドからの押し上げがなく、鳥栖のクエンカに起点を作られる。

f:id:butani-sinju:20191029235232j:plain

ハーフスペースで起点を作るクエンカに対して、押し上げが効かないジュビロ右サイドは、鳥栖左SBの三丸からビルドアップが開始。プレスがかからないこの位置から展開されることで右サイドを封じられることとなる。

 

ジュビロの攻撃は、とにかくスペースを生み出したい。ピッチを広く使いたいことでサイドには常に幅を取っていたい。その幅取り隊がSBの仕事であり、逆サイドにはSBが高い位置を取って横幅をキープしている。ところが大南では右で起点になれずに、右サイドは沈黙した。

 

後半にジュビロアダイウトンルキアンと共に最前線に並べ、ビルドアップお構いなしのパワープレー。鳥栖を押し込んで最終的に2-2の。ドローで終了した。

 

 

■我々が清水エスパルスである限り

まもなく、今シーズンラストの静岡ダービーが始まる。ここまで公式戦5連勝中。前回は我々が最下位を走っていたが、今回は相手が最下位を走っている。ただ、油断は禁物だ。後がないだけに、死に物狂いで勝ちに来るだろう。我々も決して余裕があるわけではない。全力できたならば、こちらも全力で立ち向かい、返り討ちにする。それでいいのだ。

 

 

 

 

 

ジュビロ磐田

 

 

他のチームなら、この1戦は単なる34分の1試合に過ぎないだろう。

 

でも我々は違う。彼らとのゲームはいつだって戦争であり、結果だけが全てだ。全力で戦い、リスペクトし、ラストダービーを6連勝で締める。

 

 

我々が清水エスパルスである限り。

失点が減らない理由は攻撃にあり!! エスパルス、最大の問題とは?

シーズンも佳境に入りました。

 

 

 

我ら清水エスパルスの成績はというと、一時は最下位をさまよっていましたが、現在は11位。勝ち点は35で得点は40、失点は60。.........60!!!!

 

 

まだ6試合あって60失点は凄いペースです。本来は最下位を独走するほどのペースで失点を重ねています。ところが順位は11位。意味が分かりません!!なんで残留圏にいるんだよ!!

 

そんなこんなで、シーズン中から失点減のためにDF陣にメスを入れまくってきました。CBに二見を入れてみたり吉本を加えたり、システムも4231や4141にしてみたり、GKも大久保にしたり....。それでも失点が減らないのはなぜか。そもそも修正すべきポイントがズレているのではないのか。

 

今季の戦いぶりは、僕も何度も言ってきましたが攻撃に大いに問題があると。ヨンソン監督から篠田監督に代わって、とにかく守備修正!!を図ってきたわけですが、システムも2トップから1トップに変わり、ドウグラスの行動範囲が広がりました。右にも左にも、奪ったらとにかくドウグラスを目掛けて蹴る。守備に時間を掛けざるを得ない事情もあり攻撃には手が回らないというのが本音でしょうが、今のエスパルスの攻撃は「ドウグラス大作戦」という単調なものなのです。要は攻撃が整備されていなのです。だから簡単に奪われては簡単にカウンターを喰らう。

 

 

第25節鹿島アントラーズ戦より

f:id:butani-sinju:20191013192014p:plain

カウンターで西澤健太が左サイドで1対1。

f:id:butani-sinju:20191013192520p:plain

西澤が抜きます。この場面で4人がゴール前へ。

f:id:butani-sinju:20191013192617p:plain

ところが、奪われて、

f:id:butani-sinju:20191013192757p:plain

f:id:butani-sinju:20191013192828p:plain

f:id:butani-sinju:20191013193021p:plain

スカスカやん!!!

 

 

この場面では、カウンターで起点となったセルジ―ニョに対して誰もプレスに行かなかったことや、ライン設定がブレブレというのに目が行きがちですが、ではなぜこのような状況になってしまったのか。

 

この失点の根源は、西澤の1対1にあります。ではもう1度この画像を見てみましょう。

f:id:butani-sinju:20191013192520p:plain

この場面、西澤を含む5人のプレーヤーが20mの範囲内にいますが、西澤のサポート役になれる位置にいる選手がいません。また西澤が、人数足りているのにもかかわらず1対1で仕掛けなければならない状況になることもおかしいです。この場面、西澤は孤立しているといえます。孤立してりゃ、ボールを奪われるのも時間の問題。更にこれだけ前に人数掛けていれば裏はがら空きになるのは当然のこと。今季はこういった中途半端な攻めによるカウンター返しを喰らっては失点を繰り返しているのですね。

 

 

 

 

“戦術助っ人”な現実

昨年は、ドウグラスという個は持ちながらも、北川に金子、白崎や竹内に河井と日本人選手が中心となったうえに助っ人の力が融合されていました。ところが、現在のチームは個の能力で打開できる助っ人が軸です。オフェンスはドウグラスにエウソンのビルドアップ力によるところが大きく、ディフェンスはヘナトの力に頼っているのが現実です。

 

第27節湘南ベルマーレ戦より

f:id:butani-sinju:20191013222435p:plain

エウソンがボール保持してます。中央にポッカリ穴が開いてるので

f:id:butani-sinju:20191013222531p:plain

中央進出

f:id:butani-sinju:20191013222633p:plain

中央進出してからの崩しとして

f:id:butani-sinju:20191013222824p:plain

松原が大外を走っていることで相手DFがつられると予測。この時点で松原はおとりだなという感じでボールキープ。西澤へのパスコースが空き次第、

f:id:butani-sinju:20191013223024p:plain

西澤を使ってワンツー。

f:id:butani-sinju:20191013223118p:plain

f:id:butani-sinju:20191013223145p:plain

ハイ楽勝。

 

完全にエウソンの個人技でゴールまでこぎつけてきた。力業過ぎて笑っちゃった。

周りと連動していたかというと、エウソンの頭の中だけは計画通りみたいな。チーム戦術で狙いを持って崩したかというと全然みたいな。

 

ウチの攻撃はそんな感じで割と単調。でも助っ人陣の高い能力で打開できてしまうというのが恐ろしいところ。こんなに助っ人に頼ってるエスパルスなんて創設以来初めてなんじゃないかね。

 

 

 

今のエスパルスが苦しんでいるのが、デザイン化されていない攻撃が中途半端に終わってしまい、守備陣に大変しわ寄せがいっている。ありゃりゃ。

吉本一謙@スライディング ~威風堂々~

明治安田生命J1リーグ 第21節 vs横浜F・マリノス

f:id:butani-sinju:20190812215448p:plain

f:id:butani-sinju:20190812215525p:plain

f:id:butani-sinju:20190812215601p:plain

f:id:butani-sinju:20190812215638p:plain

f:id:butani-sinju:20190812215716p:plain

f:id:butani-sinju:20190812215806p:plain

f:id:butani-sinju:20190812215835p:plain

f:id:butani-sinju:20190812215905p:plain

 

 

 

 

威風堂々

完全に入れ替わりながらも、スライディングで全てを帳消しに。背後からのスライディング、またペナルティーエリア内というリスクがありながらも堂々と決定機を防いで見せた。まさしくディフェンダーの姿。

エウシーニョの右サイド問題と2019版新攻撃パターン/偽SBの憂鬱

 

 

ヒィィィィィィ~~~!!

 

 

皆さん、ウェンズデーナイトをいかがお過ごしでしょうか!!

 

 

僕はこの夏初期の日差しで早くも焼けています。日焼けフィーバーです。えらいこっちゃ!!

 

 

■大きく変わったビルドアップ

では、まず最初に昨年の振り返りです。昨年のエスパルスは、リーグ2位の得点力はあったものの、実際はオーソドックスなビルドアップ。

f:id:butani-sinju:20190714174512j:plain

SBが幅を取り、サイドハーフがハーフスペースへ。SBは、特に右の立田はSB自体が人生ほぼ初挑戦ということで、オーソドックスなことしかできないので、特殊なことができない分、ベーシックに幅を取ることで前の金子をハーフスペースにて暴れさせることができました。地元テレビ番組でも、金子自身がハーフスペースでプレーすることを狙いにしてると話していた通り、実はこの組み合わせは馬が合っていたわけです。

 

 

では簡単に昨年をおさらいしたところで、今シーズンのビルドアップ。大きな違いは、右SBにエウソンが加わったこと。

f:id:butani-sinju:20190714180110j:plain

勝手なエウソンのイメージで、フロンターレにいたときのエウソンて、ゴール前ハーフスペースに走りこんでダイレクトでクロスを上げるイメージがあって

f:id:butani-sinju:20190714180449j:plain

こんな動きのイメージです。エスパルスとしても、もう少し大外で走りこんでクロスを、がエスパルス的に求めていたエウソン像ですが、ところがどっこいエスパルスでのエウソンは早い段階で中盤にドリブルで持ち込んで“偽SB化”する。

f:id:butani-sinju:20190714181359j:plain

ウチとしては、エウソンには大外走ってクロスを上げてくれい!だったのですが、予期せぬ偽SBと化したエウソンは、ボランチや金子にとってスペースを奪う邪魔な存在でありました。いや、なんで入ってくんの?って感じで。

 

ここでできた問題として、ハーフスペースにはSHもしくはSBのどちらか1人で十分です。昨年は金子が入っていたので偽SBをやる理由がなかった。しかしエウソンが中央に入ることでハーフスペースはどちらに任せるか問題が出てきたわけです。

 

 

 

 

え~!どっちもハーフスペースにいればいいじゃん!

 

 

 

それは違います。ハーフスペースにいればいいという問題ではないです。100人乗っても大丈夫ではないです。

ハーフスペースは前後関係で成り立てるエリアではないです。そもそも偽SBの成り立ちは、CBからウイングへのパスコース確保と、スムーズなネガティブトランジションのためです。開幕初期の名波ジュビロのような、ロジックなしにデザイン性だけで採用できる代物ではないのです。

 

結果、選ばれたのはエウソン。大外に金子が入り幅を取るようになりました。

f:id:butani-sinju:20190714203338j:plain

 

 

 

■より顕著になるドウグラス依存

昨年は言うほどドウグラス依存ではなかった、って言える印象です。実際、ドウグラスいなくても点取れたし勝てたし。それに

 

  1. 北川航也  13点
  2. ドウグラス 11点
  3. 金子翔太  10点

と、得点源3人いて「ドウグラス依存」を言うのは流石に無理がありますからね。

 

 

 

 

今年はドウグラス依存と言われてもしょうがないです。考えられる理由は、

 

 

 

その1 そもそも余裕がない

今季は開幕から残留争いです。TOP5を狙うと宣言しておいて現実はボトム5です。この状況になったことでドウグラス以外の攻撃パターンを作るチームの余裕がない。戦術ドウグラスが一番手っ取り早いのです。

 

 

 

その2 攻撃が変わった

さっきの続きです。エウソンの偽SB化で、昨年の得点源の1人であった金子がゴールから遠ざかる大外に配置されるようになった。金子がハーフスペースに入ることで、金子ゴールパターンであった左サイドからのクロスに合わせる、といった3人目のFWとしての動きがチームになくなったのです。

 

 

金子は、ドリブルは上手いです。ですが、ウインガーではないです。だったら去年の立田だって本業CBなのに大外で張ってたぞ!ですが、彼はSBとして大外にいたから影響がなかったのです。ハーフスペースでは輝いても、大外で輝けるタイプではないのにウイングとして張っている金子が窮屈にプレーしているのとはわけが違うのです。結果的に、ハーフスペースに金子を失った今、ドウグラスにカウンターでなんとかしてもらうしかないのです。

 

ここまで書くと、意図しなかった偽SBの影響は負の遺産しかない、って印象です。が!!

金子の大外張りの問題は解決していませんが、エウソンMF化問題は新しい攻撃を生み出しているのもまた事実。そこを見ていきましょう。

 

 

 

■偽SBの生み出す新攻撃パターン

昨年築き上げたポジショナルプレーですが、エウソン加入により変化したことで何が新しくなったのか。2019版エスパルスを見ていきます。

 

エウソンの偽SBによりもたらされた新効果は、中盤の数的優位化です。

f:id:butani-sinju:20190714230036j:plain

この効果は2つあって、まず1つ目が、エウソンの対面となる相手左サイドの選手を中に引っ張ることができる、ということです。

f:id:butani-sinju:20190717215620p:plain

中央に引っ張ることで、ソッコが右サイドに出てビルドアップ。今シーズン何回か見る形です。

 

もう1つが、相手ボランチを引っこ抜けること。第16節名古屋グランパス戦の先制点はそうでしたね。

f:id:butani-sinju:20190717221459p:plain

エウソンに引っ張られたジョアン・シミッチの裏に走りこんだヘナトに上手く出したという崩し。これもエウソンならではの組み立ての引き出しの多さだと思います。

 

 

 

■エウソンと右サイドの活かし方

左に関しては、特にいうことはないです。白崎が抜けましたが、代わりの慶太、西澤とカラーは違えどしっかり埋められています。対して右サイドは、ポジションバランスもそうですが、数字的にも、例えば金子は大きくゴール数を落としています。他にもエリア内進入回数など、落としてる数字は多いですが、そりゃそうです。ゴールから遠い位置に配置されているんですから、ゴール数が上がるわけがないんです。じゃあ金子よ、昨年と同じくもう1度ハーフスペースで暴れてみろ! これでは序盤と同じです。渋滞して右サイドが死ぬだけです。金子を内側に入れたいならエウソンに張ってるよう説得しなくてはなりません。現在のエウソンのプレーを求めるなら、ここはゴール数を犠牲にして金子には大外に張ってもらうしかないのです。現在のエスパルスは後者を選んでいるので、相手からする右サイドの警戒度は金子<エウソンなわけです。でもこのバランスは悪いです。攻撃でSBが目立ってしまうことは、チームバランスが悪い証拠です。

 

例えば、クッソ攻撃力が高いウイングとクッソ攻撃力が高いSBのどちらが怖いか。メッシとダニ・アウベスの右サイドで怖いのはどちらか。ブラジル代表におけるネイマールとマルセロ、どちらが怖いか。え?比べる対象が極端だって? いや、そういう話なんです。ウイングが怖いからSBの攻撃力が活きるのです。

 

今のエスパルスの右サイドです。エウソンの攻撃が怖いというのが分かっているので、いずれかどこかのタイミングでエウソンにはパスが出てくるのです。

f:id:butani-sinju:20190717231342j:plain

f:id:butani-sinju:20190717231613p:plain

これが序盤戦に見られた世にも奇妙な「エウソンの裏、メッチャ狙われてる現象」です。最近はヘナトが全力カバーで頑張ってくれますが、この問題は早急に解決しなくてはなりません。ウイングが最強でないと、エウソン自身にとってもハッピーではないのです。それは金子にとってもハッピーな話ではないです。今のウチからしたら、1点を守り切るという戦いは不向きすぎるので、押し込んで相手を牽制する、または相手より多く点を取るしか勝つ方法はないです。ハッキリ言います。守り切れるイメージが湧きません!!

 

なので1番の修正ポイントは守備より右ウイングです。守備に関しては諦めました。なので、ここをトップターゲットとして強化を進めてほしい。手っ取り早いのは補強です。CBだけ補強しても余程スーパーな奴が来ない限り修正は無理だと思うので、みんながwin-winになれるように右サイドの強化、オナシャス。

18/19のバルセロナを振り返ろう!!

いつもエスパルスばかり扱うと思うなよ!!

 

f:id:butani-sinju:20190526163426p:plain

 

 

僕も1人のクレとして、今季のバルサは振り返らないといけません!! ラ・リーガ連覇、そしてシーズン最終戦となったコパ・デルレイファイナルをバレンシア相手に1-2で落として5連覇を逃して終了しました。ヨーロッパのシーズンも残すはアーセナルvsチェルシーのELファイナルを残すのみです。ということで、今季のバルサを軽~く振り返ってみましょう。

 

 

デンベレ覚醒とフィジカルフットボール

昨シーズンから就任したバスク人監督エルネスト・バルベルデは、ガタイのいいバスク人らしく、テクニカル路線から徐々にフィジカル路線に移行しました。その証拠に、バルベルデ就任以降のバルサの補強は、パウリーニョにウスマン・デンベレ、ネルソン・セメド、今季はアルトゥーロ・ビダル、ジェイソン・ムリージョ、ケビン=プリンス・ボアテングとフィジカルに特徴ある選手が増えました。

 

今季序盤のバルサ基本フォーメーションです。

f:id:butani-sinju:20190526143004j:plain

基本システムは4-3-3ですが、デンベレが左サイドで1人でできること。ゴッド・メッシ・フリーダムの右サイドのカバーをしなくてはならないといった問題から、事実上

f:id:butani-sinju:20190526143335j:plain

4-4-1-メッシというシステムに。神は動かざるがごとしなので、ペップバルサのように「メッシに合うのはテクニシャン」ではなく、今は「メッシのためにはハードワーカー」ということでラキティッチビダルといった選手が使われるようになったのです。バルベルデも1年目はもう走れなくなったイニエスタの使い方は限定的でした。

 

とはいえ、バルサの生命線はあくまで中盤です。そこで今季の新たな発見が、ブラジルからやって来たアルトゥール。シャビ二世ともいわれるゲームメイカーの加入で中盤とメッシ・スアレスをつなぐポイントをゲット。そしてSBを内側に配置して、テクニカルな部分を補強。アルバの偽SBはかつてはペップバルサの構想にあり(正確に言うと、ティト・ビラノバの発案で融通が利かないダニ・アウベスの逆である左SBを絞らせようとした)、右SBにセルジを使っているのは正しくこういうことなんですね。

 

このように、デンベレシステムを駆使して序盤戦を駆け抜けたバルサジダンロナウドを失ったレアルの低迷、アトレティコの出遅れなどライバル不在で「リーガとかマジ楽勝」だったんですが、ある一戦を期に雲行きが怪しくなります。

 

 

 

■圧倒的でなくなったボールポゼッションとコウチーニョの不透明な活用法

開幕4連勝スタートに、クラシコで5発を撃ち込みロペテギを葬った後に迎えた第12節。舞台はカンプノウ。迎える相手はスペイン屈指のポゼッションサッカー愛好家キケ・セティエン率いるレアル・ベティス。この1戦が今季のバルサを迷わせる運命の1戦となりました。

バルサのスタメンです。

f:id:butani-sinju:20190526150236j:plain

この試合は、怪我のデンベレではなく、ローマ行きの飛行機に乗る直前に「やっぱバルサ行~こう♫」とか言ってまさかのドタキャン移籍した21歳のブラジル人マウコムが入りました。

デンベレシステムは、あくまで「ポゼッションでは上回れるだろう」が前提のシステムで、メッシの根本的な問題(地蔵化)をカモフラージュできることで機能するのです。ところがこの試合は、バルサならまず負けるはずがない打ち合いで負け(3-4)しかもカンプノウで、しかもトータルのボールポゼッションでもカンプノウでは10年ぶりにリードされるという事件が多発した1戦になりました。これは普通にマズいです。まずバルベルデはボールポゼッションにこだわりがあるわけではありません。あくまで必要最低限のポゼッションでいい。ということで、それがだいたい55~6%ほど。カモフラージュできる最低限のポゼッション指数。ですがそれを大きく下回る48%を記録したことでバルサの弱さを隠せなくなり、得意の打ち合いで負ける破目に。

 

ここからフィジカル路線に亀裂が入ります。強豪相手だと勝ちきれなくなったのです。ワンダ・メトロポリターノでのアトレティコ戦、ホーム&アウェーでのバレンシア戦、サン・マメスでのビルバオ戦では勝ちきれず、4月のエル・マドリガルでのビジャレアル戦では、2点先行も一気に4失点し、後半ロスタイムで2点決めなんとか追いつくという展開。ポゼッションで五分の勝負を迫られる強豪相手に、ポゼッションで上回るためにはテクニカルに行く必要があります。そこで入ったのがフィリペ・コウチーニョ

f:id:butani-sinju:20190526154550j:plain

かつてイニエスタをウイングで使ったことはあっても、あの時は中盤にはシャビやチアゴ・アルカンタラ、セスクがいたことで成立できたわけであって、フィジカル路線に移った今のバルサで機能するかはまた別の話。イニエスタの後継として獲ったはずが、中盤だとガンガン上がる癖からかスペースを空け、カウンターを受けるキッカケとなり、ウイングだと左右のバランスが取れなくなる(デンベレやマウコムといったウイングタイプの方が結果的にフィット)など、今や放出候補にすらなっているのがコウチーニョの現実。ですがコウチーニョを活かさなければ強豪相手にポゼッションで勝てないというジレンマ。バルベルデはビッグゲームではコウチーニョの力を必要とし起用するもチームとフィットできておらず機能しねぇアララ。

 

 

 

バルベルデでいいのか?

年を重ねるごとに動かなくなるメッシ。時代の変化に対応しなくてはならないクラブの哲学。ペップバルサの影はなくなったものの、バルサの哲学に狂いはないのかと改めててみる必要を感じたシーズンでした。4月にリバプールホーム&アウェー方式の練習試合をやりましたが、アンフィールドで木っ端微塵にやられるとは思わなかったし、思えば去年もローマと同じ方式の練習試合をやった時もオリンピコでそんな負け方したなとかホントかすかな記憶がちょこっとフラッシュバックしましたが、バルベルデの大舞台での弱さはさすがの一言です。アンフィールドでの敗戦、そしてコパを獲れなかったことでメディアで「バルベルデ更迭論」がでてますが、現状消去法でバルベルデしかいないというのが上層部のまとまった意見でしょう。ということは、現体制で結果を出すためには補強しかないのです。

 

 

 

■来季のバルサこうだ!!

f:id:butani-sinju:20190526162322j:plain

アヤックスのフレンキー・デヨングは冬に加入が内定済み。その他は、CBに同じくアヤックスの19歳キャプテン、マタイス・デリフトを獲れたら大満足です。欲をいうなら33歳のスアレスの後釜としてフランクフルトからルカ・ヨビッチが欲しい。。。ですが、代理人の父親が「ポジションがないなら、わしゃあ行かせんぞ」とバルサ移籍には向きではなく、一部報道では獲得レースから撤退とか。スアレスはあと1,2年はできると思うので、早いに越したことはないですが、メッシもおっさんなので若いストライカーは欲しいですね。で、コウチーニョいないと大舞台で勝負できないのでなんとか来季こそはフィットさせてください。

 

 

 

ということで、簡単に振り返りました。来季こそは全タイトル制覇で。スアレスとメッシがいつまで元気なのかも分からないので先手先手を打ちましょう。聞いてるかぁ~バルトメウ!!

新時代のFW。進化する北川航也の"ファルソ・9”

FW。時代と共に最も求められる役割が変わるポジション。

 

例えば50年代や60年代のサッカーは、アルゼンチンやレアルマドリードの英雄、アルフレッド・ディ・ステファノや最強の座をほしいままにしていたハンガリー代表のナンドール・ヒデグチが中心の5トップや6トップがベーシックなシステムの時代。ジーコミシェル・プラティニが登場した70年代からは2トップが基本形に。そして90年代にヨハン・クライフが率いたドリームチームのバルセロナは、2トップ全盛期に3トップを形成。ドリームチームのFWといえばロマーリオフリオ・サリナスを思い浮かべる人が多いと思うが、革命を起こしたのはむしろゼロトップ的にミカエル・ラウドルップやホセ・マリア・バケーロを起用したことだった。そして現代。フランチェスコ・トッティリオネル・メッシから始まったゼロトップのリーズナブル化はセルヒオ・アグエロロベルト・レバンドフスキといった中盤でもプレー可能な万能型FWを生み出した。

 

 

■ストライカーとしての9.5番

現日本代表のFWである大迫勇也。日本代表や鹿島アントラーズではFWとしてのプレーを求められていたが、現在所属するヴェルダー・ブレーメンやFCケルンではトップ下やサイドといったMFとしてのプレーを求められている。アジアカップで浮き彫りになった「大迫依存」は、MFとして最前線に配置し、類まれなキープ力を生かして2列目を活かし続けていたからであり、事実上の“ゼロトップ”であった。

日本代表の1トップに求められる能力は得点能力よりMFとしてプレーできるかどうか。本来ならば1トップを張れる実力者の武藤嘉紀鈴木武蔵がフィットできなかった理由は、彼らは“ストライカー”であったからだ。MFとしてのスキルはない。

 

アジアカップで散々な目に合った犠牲者の1人、北川航也。ストライカーとして裏を狙い続け、スペースメイクし、ゴール前ではおとりとなり、プロ初のトップ下として起用され、そしてボールはやってこない。仕舞いには「存在感ない」「点取れない」と言われ続ける。ボールこなけりゃ仕事はできないっつーの。

アジアカップを経験し、2019年のシーズンをスタートさせた北川航也は、プレーエリアを下げた。時には鄭大世を最前線に残し、金子翔太や中村慶太を押し上げるべく中盤低くまでビルドアップに関わる。しかし“ストライカー”としての根っこは変わらない。どんなポジショニングでプレーを始めようと、最後はストライカーとして終える。苦い経験を経て進化の道をたどる北川航也の新プレースタイルを掘り下げていく。

 

 


■MFをFW化させるスペースメイク

北川航也のスペースメイクは、“角度”をつけるだけで成立する。エスパルスの2列目は、昨年2桁得点の金子に、より直線的にゴールへ向かう中村慶太がいる。彼らをMFからFWに変化させることでゴール前に入り込む人数を増やし、また松原后にエウシーニョといった攻撃的なSBをサイドで生かす側面もある。

第2節ガンバ大阪戦では

f:id:butani-sinju:20190426233651j:plain

北川がレーンを外すことで敵を引きつけ、慶太とワンツー。前向きでボールを受けた慶太が、新たなスペースに走りこんだ金子にパスも惜しくも通らず。

 

北川が中央レーンから外すことで、相手を引きつけFWの位置にスペースを生み出す。北川のこの動きだけで、パサー(慶太)を前向きにプレーさせ、2列目となる“第3のFW”(金子)をゴール前に入れる。ポジショニングを少し変えるだけで周囲を活かすスペースメイクは9.5番と化する事でワンクッションを入れることができ、ゴール前まで略することができる。

 

 

 

■9.5番はストライカーとして死ぬ

結局、北川の本業はどこにポジショニングされていようと“FW”なのだ。最後はゴール前でフィニッシュする立場として自らを終える。

第7節での静岡ダービーでは、鄭大世が最前線に張ることで相手最終ラインを牽制。カウンターを発動する際に北川が中盤に降りることで中盤の数的優位を生み出す。

f:id:butani-sinju:20190427222204j:plain

中央で数的優位を保てることで、北川が縦パスをフリック。一般的に“レイオフ”とも言われるプレーで2列目に前向きなプレーを行わせる。

f:id:butani-sinju:20190427222938j:plain

2列目に入ることでサイドの選手が絞り、SBが空く。サイドを突くことで、MFとしてプレーをスタートした北川はFWとしてゴール前に入り込み、プレーを終える。

f:id:butani-sinju:20190427223320j:plain

「FWとして死ぬ」とはこのこと。最初の話では、9.5番はあくまでFW登録のMFであった。しかし北川の場合はMFとしてプレーを始めFWとして役目を終える。アジアカップを終え、新たなシーズンをスタートさせた中で偽FWとしてのプレーを身に付けた。しかし大迫とは違い、最終的にストライカーとして役目を終える9.5番となった。今の日本人FWにいない万能型ストライカーとして生まれ変わった北川航也は、新時代のFWとして切り開いていく。